お疲れ様でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

昨日、日本ハムがパリーグを25年ぶりに制覇してくれました。
選手の喜ぶ顔や、ドームいっぱいに埋まった北海道のファンのみんなを見て
すごく嬉しくなりました。
かつて、閑散とした東京ドームでオレンジのはっぴを着た応援団の
ファンファーレだけが虚しく鳴り響いてた頃を思うと、感慨も一入ですよ ・゚・(つД`)・゚・

あとは中日との日本シリーズだけです。悔いのないように頑張って欲しいものです。

そんな日に、甲子園で阪神を5年支えてくれた片岡選手の引退試合がありました。
日ハム優勝の日に、元日ハムビッグバン打線の戦士が去っていくのも
何かの因縁でしょうかね。

片岡選手は数字の上では、移籍後は期待通りの成績を残せなかったかも知れません。
ファンからの野次もすごかったですし、(゚⊿゚)イラネって意見も多かったと思います。
それでも、野球に取り組む姿勢は阪神の若手に強い影響を与えてきました。
金本移籍で阪神が優勝争いに絡めるチームへ成長したという言葉はよく聞きますが、
個人的には金本一人じゃなく、手本となるベテランの加入があって今があると思ってます。

片岡選手がFA宣言をしたとき、一人の阪神ファンが『阪神を強くしてくれ』と
目の前で土下座して懇願したシーンは今でも印象に残っています。
その言葉通り、今の阪神の土台を築き上げた一人だと思います。
ホントにお疲れ様でした。

セレモニーでの阪神選手の涙、ファンからの暖かい片岡コール。
試合終了後もセレモニーの為に待ってくれた、立浪をはじめとする中日の選手達…。
どれを取っても、片岡選手の人となりを如実に表してたと思います。
見ていて涙が止まりませんでした…とてもいいセレモニーでした ・゚・(つД`)・゚・

明るい未来を夢見て入ってくる選手もいれば、体力の限界を感じ去って行く選手もいます。
誰もが決して、こうして惜しまれて去っていくということはできない世界です。
だからこそ、この世界で生き抜いて去っていく選手には力いっぱい拍手を送りたいです。
いずれは解説者となり、また指導者として帰ってくる日がくると思います。
そのときには片岡イズムを後進に伝え、いい選手を育て上げて欲しいと思います。

もしかしたら、後進の選手達はみんなオープンスタンスになるかも知れませんが(*´∀`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日ハム優勝おめでとう 新庄選手は強運

    Excerpt: 日ハム 優勝おめでとう。 それにしても新庄選手は強運というか。 素晴らしい仲間に恵まれたこそ輝いている。 そんな感じですね。 自分の人生を輝かせるには、素晴らしい仲間と出会うことが必要です.. Weblog: NEWSな言葉 racked: 2006-10-14 18:49