ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!

というわけで、おいちゃんかなりご立腹です

何にって昨日・今日と2日にわたって放映してた
テレ朝の白虎隊…なんだよあれ('A`)
期待しちゃいけないと思いつつも
21年ぶりのドラマ化とあっては、やっぱり見たくなるもので…

ええ、21年前の年末時代劇はしっかり見て泣いたわけです
(当時は小学生でしたが…あれのおかげで歴史に興味を持った
と言っても過言ではないのですよ)
今回、ウルッとも来なかったってのはさすがにやばすぎ(;´Д`)

開始当初から死ぬという事を全面的に押し出しすぎたのが
そもそもまずかったなと思うのです
そこにきて、白虎隊が出来、戦い、死んでいくまでの
背景描写があまりにもお粗末すぎでは…

鶴ヶ城(の周囲)が燃えてたから
自害しちゃいましたみたいなそこの一片だけ切り取られたら
ただの阿呆と捉えられても仕方のないほどの薄さに辟易
これじゃ草葉の陰で白虎隊士が泣いてますよと('A`)
しかも自害なのに悲壮感ゼロってどういうこっちゃ…

なんかね…今の社会世相に対してのメッセージっていうか
家族愛とか命の重さとかを伝えたいってのはわかるんですよ
わかるんですけど、それをあからさまに織り込んだら
いかんと思うわけなのです
最近のドラマ全般の悪い傾向にあるのかもしれないですが
自分でテーマを見つけようとしなくても答えはそこにある的な
脚本ばかりなんですよね(´・ω・`)

白虎隊初見の人にしては、あれがどう映ったか知りませんが
評価を下すなら21年前の奴を借りて見て欲しいなと思うのです
キャスト以前の問題で、出来の良し悪しがハッキリするはず
そう思うからこそ、今回のドラマは憤ってしまうのでした

…思いっきりおっさんの愚痴ですまんのぉ(;´Д`)

まあ、ガンガン泣きたい人は是非ともこちらを
白虎隊
白虎隊 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック